Microsoft Edge新機能 - Windows 10 Fall Creators Update

Microsoftは10月17日(米国時間)、「What’s New in Microsoft Edge in the Windows 10 Fall Creators Update - Microsoft Edge Dev BlogMicrosoft Edge Dev Blog」において、Windows 10 Fall Creators Updateの提供とともにMicrosoft Edgeに導入された新機能について紹介した。

主な紹介点は次のとおり。

  • 電子ブックやPDFの閲覧中に手書きやメモを追加する機能
  • Webページをタスクバーにピン止めする機能
  • 音声読み上げ機能(日本語音声あり)
  • お気に入りにURL編集機能の導入
  • 通知機能、ロケーション機能、Webカメラ機能など、Webサイトごとにどの機能の操作を許可するかを指定するパーミッション設定機能
  • 真のフルスクリーン機能の導入
  • CSSグリッドレイアウトをサポート
  • Payment Request APIをサポート
  • Microsoft Edge DevToolsの改良
  • WebVRにおけるモーションコントローラーのサポート
  • Fluent Design Systemを適用したデザインの細かな変更。アクリルマテリアルを微妙に適用することで、タブバーやほかのコントロールに対して深みや透明性を加え、またボタンのアニメーションを改良することでレスポンス性の改善を実現
  • Service Workerをサポート(プレビュー段階)
  • iPhoneやAndroidの閲覧中のWebサイトデータを共有する機能(プレビュー段階)

Microsoft Edge / Windows 10 Fall Creators Update

Webページや電子書籍、PDFにメモやハイライトを追加する機能

Webページをタスクバーにピン止めする機能

音声読み上げ機能

フルスクリーン機能

MicrosoftはWindows 10をローリングリリースモデルの下で提供するとしており、年に1回といったペースで大幅なアップデートを提供している。Microsoft Edgeもこのアップデートと合わせて機能追加が大幅に実施される傾向が見られる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事