楽天、ソロ3発で主導権握る! 先頭打者弾の茂木「強くスイングできた」

◆ 5回まで3-0でリード、先発・塩見が好投!

 ソフトバンクと楽天のCSファイナルステージが18日に開幕。西武相手にファーストステージを2勝1敗で突破した楽天が、一発攻勢で試合の主導権を握った。

 楽天はソフトバンク先発・東浜に対し、初回に1番茂木が先頭打者弾を放ち先制。ファーストステージ第2戦に続き先頭弾を放った切り込み隊長は「打ったのはストレートです。少し差し込まれた感じでしたけど、強くスイングすることができました。外野フライかと思いましたけど、そのままスタンドまで届いてくれて良かった。打った自分が一番ビックリしています」とコメントした。

 2回には二死から、7番アマダーがスライダーを左中間席へ。この日に合わせ再昇格した主砲は、「打ったのはスライダー。出られる準備はしっかりしてきたからね。大事な試合でチャンスをくれた監督に感謝したい」と振り返った。

 楽天は4回にも4番ウィラーが中越えソロを放ち、東浜に浴びせた3安打すべてがソロ本塁打。投げては先発・塩見が緩急自在の投球を披露し、ソフトバンク打線を5回まで3安無失点に封じている。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事