有村架純、餃子のオリジナルレシピを披露 - シェフ絶賛「手際が良い」

女優の有村架純が、あす19日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『得する人損する人』(毎週木曜19:00~)で、得意の料理を披露する。

『得する人損する人』に出演する有村架純=日本テレビ提供

有村は、主婦の料理にまつわるお悩みを一流シェフが解決するコーナー「シェフなんとかして」に登場。餃子を作ると余ってしまうタネの使い道を、イタリアンの鬼才・小林幸司シェフから伝授してもらう。

そんな中で有村は、餃子のタネで通常はみじん切りにしてしまうキャベツを、シャキシャキとした食感を出すために千切りで入れるというオリジナルレシピを披露。有村が鮮やかな手つきでタネを皮に包み、まるでお店で出るようなキレイな形の餃子をカリッと焼きあげると、小林シェフから「手際が良いよね、いちいち理にかなってるし、無駄がない」と絶賛される。

そんな小林シェフが、おススメする「余ったタネの使い方」は、冷凍保存したタネを解凍した際にでるドリップを使った絶品イタリアン。見事なリメイク料理にスタジオでも絶賛の声が上がる。

この日の放送では他にも、辛口美食家・中尾彬に早ワザレシピでウル得マンが挑む「ウル得マン30分クッキング」が放送される。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事