若桜鉄道、観光車両「昭和」1両目は3/4デビュー - 臨時貸切列車も運行予定

鳥取県若桜町・八頭町と若桜鉄道は14日、観光車両「昭和」の運行開始について発表した。若桜鉄道の車両4両のうち、1987(昭和62)年の同社開業時に購入した3両を観光仕様に改装し、2018年3月4日に1両目の「昭和」が運行開始する。通常の通勤・通学用としての運行に加え、個人旅行・団体旅行向けの列車としての運行も予定されている。

若桜鉄道「昭和」ポスター。2018年3月4日に1両目がデビューする

観光車両「昭和」は減少が続く利用者の確保対策と、県内外から多くの観光客誘致を図るべく、鉄道の魅力向上を目的に導入される。列車名は若桜鉄道沿線の人・事・ものから「昭和」がイメージされることに由来し、デザインはJR九州「ななつ星 in 九州」「或る列車」などを手がけた工業デザイナー、水戸岡鋭治氏(ドーンデザイン研究所代表)に依頼した。

「地元の人が乗りたくなる車両」「懐かしい風景を走る、笑顔と笑いが生まれる、新しくて懐かしい鉄道の旅を演出する」をコンセプトに、外観は「川の青、水の青」にちなんだ青色で統一。原信太郎氏が作成した阪神電気鉄道311形も外観カラーの参考にしたという。車内は木材を可能な限り使用することで「人に優しく、時代の求める用と美が表現された内装」となる。シンボルマークには桜が採用された。

「昭和」の1両目がデビューする3月4日以降、若桜駅・郡家駅などでグッズ販売も行われる。関連グッズは入場券、シール、ピンバッジをはじめ18種類あり、車両と同じく水戸岡鋭治氏がグッズデザインを担当する。同列車の公式ホームページも開設され、1月から臨時列車の予約受付を開始(予定)し、3月から毎月第1・3日曜日に臨時列車を運行予定としている。

観光車両「昭和」の外観・車内デザインとクルーのユニフォーム(イメージ)

報道資料によれば、「昭和」を使用した旅行ツアー限定の臨時貸切列車の運行日は毎週日曜日(第1・3日曜日…個人旅行向け、第2・4日曜日…団体旅行向け)とのこと。運行時刻は往路が若桜駅9時30分発・郡家駅10時0分着、復路が郡家駅10時45分発・若桜駅11時15分着。専任ガイドによる案内や限定グッズ(非売品)などの特典が付き、運行条件として八頭町または若桜町での食事・宿泊や観光施設の利用、コース案として「昭和」乗車貸切観光の他に若桜宿まち歩きや「やずミニSL博物館」観光などを行い、料金(案)は1万円程度と紹介されている(いずれも今後変更される場合あり)。

若桜鉄道の観光車両「昭和」関連グッズ(一部)

入場券

記念乗車券

シール

ピンバッジ

マグカップ

コースター

手ぬぐい

トートバッグ

ポストカード

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事