菊池風磨主演ドラマにSexy Zoneが集結!各話に一人ずつ登場決定

Sexy Zoneの菊池風磨が主演を務める日本テレビの深夜ドラマ『吾輩の部屋である』(毎週月曜24:59~※関東ローカル)の第6話から第9話に、同グループのメンバーの中島健人、佐藤勝利、マリウス葉、松島聡が様々な物の声役で出演することが決定した。

本作は、「ゲッサン」(小学館)で連載中の田岡りきによる同名マンガが原作。主人公は、都内某所にある、駅徒歩5分、風呂トイレ別で築41年の木造2階建て1K(6畳+K)に住んでいる、大学院生・鍵山哲郎(菊池)。一人暮らしで彼女はナシ。好きな女の子は、大学で同じ研究室の植村さん。仲のいい友人は高校から一緒の吉田。苦手なものは川崎先輩と教授。そんな彼が、「よく落ちる、スポンジ入れの吸盤に関する考察」「部屋のホコリの発生原因について」「大好きな植村さんからの難読メール解析」などについて考察し、一人で「哲学」している様子が描かれている。

登場人物が一人という異例のドラマのため、哲郎が「哲学」している様子に、様々な家具がツッコミを入れていく。その声を演じているのが、林家木久扇(カバの置物)、賀来千香子(炊飯器)、ミッツ・マングローブ(照明)、山寺宏一(ビンたち)といった豪華な面々。さらに、これまでゲストとして、白石加代子(和式トイレ)、佐野史郎(換気扇)、アンジャッシュ・児島一哉(洗濯機)、宇梶剛士(靴下)も登場し、話題を集めている。

そんな中、菊池によるオファーが実現し、第6話から第9話にSexy Zoneのメンバーの出演が決定。各話に一人ずつ登場するが、何役を演じるのかは見てのお楽しみとのこと。この決定を受け、Sexy Zoneからのコメントが到着。以下で紹介する。

■菊池風磨
自分の主演ドラマに、自分のグループの主題歌が流れるというだけでもすごく嬉しいことだと思っていたのに、声の出演とはいえメンバー全員が出るなんて! 最初に、メンバーの出演をどう思うかとプロデューサーさんに聞かれて「え~?」と言いながら、本当にすごく嬉しかったです。オファー前に、きちんとドラマを見てるかメンバーには聞きましたけど、約2名まだ見てないヤツがいたのでそこは注意しておきました!

■中島健人
オファーを受けて一瞬でワクワクしました。Sexy Zoneとしてドラマに携わることができて本当に嬉しかったです。菊池のお芝居で笑ってしまいそうになるのをこらえて、声の出演にチャレンジしました! ヤバいくらいめちゃめちゃ楽しかったです。菊池風磨with Sexy4をぜひお楽しみください!

■佐藤勝利
台本を風磨くんに渡されて、10秒で「はい、撮るよ」って緊張がヤバかったです(笑) でも風磨くんの主演のドラマに僕含めSexy Zone全員で出るっていうのは、凄いことだと思いました。それが本当に嬉しいです。この作品が声の出演の代表作になるように頑張らせていただきました!

■マリウス葉
声のオファーを受けて自分の役を聞いて、「なるほど! 僕だからこの役!」と納得しましたし、すごく嬉しかったです。風磨くんに色んなアドバイスをもらったので、みなさんの心に残るような良いキャラが演じられたと思います! メンバーが全員いる中でアフレコをしたのは初めてで、みんなのお芝居を生で見ることができ、普段見ないメンバーの顔を知ることができたのも嬉しかったです。

■松島聡
人生で一度はアフレコをやりたいと思っていたので、風磨くんのドラマを声のお仕事の出発点にできて感無量です! ものすごく緊張したし、役がモノなので感情を入れるのが大変でしたが楽しかったです。普段やらない声色に挑戦したり、風磨くんのお芝居の色んな引き出しも見られたり、とても勉強になりました!


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事