千原ジュニア考案"お笑い10種競技" - 若手芸人の即興バトル『座王』開始

お笑い芸人の千原ジュニアがMCを務めるカンテレの新バラエティ番組『座王』が、月1回のレギュラーとして28日(深夜1:45~2:15 ※関西ローカル)からスタートする。

千原ジュニア

この番組のルールは、10人の芸人がまず取りゲームを行い、真ん中のイスに書かれた「一発ギャグ」「モノマネ」などのお題を発表。イスに座れなかった芸人が、「あいつだったら勝てる!」と思う芸人を座っている中から指名し、お題に沿って即興で芸を披露し、審査員がどちらが面白いかを瞬時に判定するというものだ。

初回はプレーヤーとして、クロスバー直撃(前野悠介、渡邊孝平)、スーパーマラドーナ(田中一彦、武智)、守谷日和、プリマ旦那(野村尚平、河野良祐)、霜降り明星(粗品、せいや)、そしてオーバーエイジ枠として矢野兵動・矢野が参戦。麒麟の川島明が審査員を担当する。

企画したジュニアは「そんなに若手と触れ合うことがない」という思いを持っており、若手芸人の才能を発掘したいというカンテレスタッフの思いが合致して、企画が実現。ジュニアは「お笑い10種競技みたいなもの」と表現し、「まだ知らない若手芸人を見られることが楽しみです」と期待を語る。

カンテレの佐野拓水プロデューサーは「お笑いに関する総合力が試される企画なので、意外なところでまだ見ぬ才能が光ってくるかもしれません。この番組からお笑いニュースターが誕生することを期待しています」と話した。

クロスバー直撃

スーパーマラドーナ

守谷日和

プリマ旦那

霜降り明星

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事