ウニオン内田篤人が左足肉離れで離脱…日本代表復帰にも影響か

ウニオン・ベルリンに所属する内田篤人 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ウニオン・ベルリンは17日、DF内田篤人が練習中に負傷したことをクラブ公式サイトで発表した。

 発表によると、内田は練習中に左太ももに肉離れを負い、しばらく離脱を余儀なくされるという。離脱期間は明かされておらず、噂されていた11月の欧州遠征での日本代表復帰にも影響が出る可能性がある。

 2015年6月に右ひざの手術を受けてから長期離脱を強いられていた内田は、今夏に出場機会を求めてシャルケから2部のウニオンに移籍。9月10日に行われた第5節のデュッセルドルフ戦に途中出場して新天地デビューを飾った。そして同19日の第7節ザントハウゼン戦では、シャルケ時代の2015年2月28日に行われたドルトムント戦以来となる、約2年半ぶりの先発フル出場を果たしていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事