日本HP、Windows MR対応ヘッドマウントディスプレイ+コントローラー

日本HPは10月17日、Windows Mixed Realityに対応するヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラー付き)」を発売した。直販サイト「HP Directplus」での価格は59,800円(税別)。

HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラー付き)

Windows 10 Fall Creators Updateで標準サポートとなったMR(複合現実)機能、「Windows Mixed Reality」を利用するためのヘッドセット。PCとはHDMI 2.0とUSB 3.0で構成された専用ケーブルで接続する。

ヘッドセットの前面にはトラッキングカメラ、内部にモーショントラッキングセンサーを内蔵。ヘッドセット以外のセンサーやカメラを必要とせず使用できる。モーショントラッキングセンサーは、6DOF(前後 / 左右 / 上下 / ピッチ / ヨー / ロール)の動きを検知。付属コントローラーを両手に持ち、その動きも検知可能だ。

ヘッド部分には二重のパッドがクッションとして装着されており、ヘッドバンドはノブを回すことで簡単にアジャスト可能。快適な装着感によって没入感も高まるとしている。

内蔵ディスプレイは解像度1,440×1,440ドットの2.89インチサイズで、2基を内蔵。リフレッシュレートは最大90Hzで、視野角も水平100度と広い。コントローラーは2基を同梱し、電源には単3形乾電池×4本を使用する。

使用イメージ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事