SAP、デジタル・イノベーション・システム「Leonardo」のサービス提供

SAPジャパンは10月17日、デジタル・イノベーション・システム「SAP Leonardo」の導入を支援するためのサービス「SAP Leonardo Innovation Services」を提供開始すると発表した。

「SAP Leonardo」に含まれる技術は、IoT、機械学習(Machine Learning)、ビッグデータ、アナリティクス、ブロックチェーン、データ・インテリジェンス。あわせて、デザインシンキングの方法論とSAPの専門知識を提供することで、新たな機能やビジネスモデルの速やかな導入を支援し、デジタル変革を推進する。

今回、提供が開始されるサービスは3種類で、新たなテクノロジーをユースケースシナリオにつなげ、企業による早期の価値実現を目的としている。

「SAP Leonardo Innovation Services, express edition」は、 消費財のライブ資産追跡、製造業の部品オンデマンド3Dプリンティングなど、事前定義された業種別および業務部門別のIoTアクセラレータを迅速に導入することを可能にするサービス。

「SAP Leonardo Innovation Services, open innovation edition」は、顧客固有のビジネス課題を解決するためのソリューションを、コンセプトからクリッカブルプロトタイプまで9週間以内で作成するサービス。同サービスは、SAP Cloud PlatformとDigital Design Zoneへのアクセスが提供される。

「SAP Leonardo Innovation Services, enterprise edition」は、open innovation editionの範囲が拡張され、顧客固有のビジネスに適したソリューションを同時に複数作成できる。

enterprise editionでは、SAP Cloud PlatformとDigital Design Zoneに加え、エンパワーメントセッションとSAP Leonardo Innovation Servicesショールームへのアクセスが可能。enterprise editionは、SAP Premium Engagementポートフォリオを契約した顧客のみ利用できる。

今回の発表に伴い、SAPジャパンは「カスタマー・エクスペリエンス・センター」のデモコンテンツを拡充した。新たに設置されたデモは「Connected Factory」「Intelligent Retail」「Connected Transportation Safety/Hitoe」。

カスタマー・エクスペリエンス・センターに設置されているデモ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事