レンズを使用しない顕微鏡を東京農工大と共同開発 - ビート・クラフト

ビート・クラフトは、顕微鏡・LFI(Lens-Free Imager)を、東京農工大学大学院工学研究院先端情報科学部門(工学府情報工学専攻・工学部情報工学科)の中條拓伯 准教授の研究室と共同で開発したと発表した。

LFI(左)と基板

LFIは、デジタルホログラフィーと画像再構成技術をもとに、レンズ、ミラー、ビームスプリッターなどの光学部品を使用しない顕微鏡。サンプルに照射したレーザー光による干渉波から、計算処理により対象の画像を再構成するため、レンズが必要ない。

光学顕微鏡と比べて構造がシンプルで、焦点を合わせる必要がないため、高速に広範囲の撮影が可能だとしている。また、位相差顕微鏡と同様に、細胞など無色透明なサンプルも非侵襲で観察が行える。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事