[磯部磯兵衛物語]ジャンプの異色の浮世絵ギャグマンガが4年の連載に幕

マンガ誌「週刊少年ジャンプ」46号で最終回を迎えた「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」のコミックス14巻

 浮世絵風の異色のギャグマンガ「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」が、16日発売のマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)46号で最終回を迎え、約4年の連載に幕を閉じた。

 連載は終了したが、主人公・磯兵衛が高校生になった番外編が11月24日発売の「ジャンプGIGA 2017 WINTER vol.1」(同)に掲載される。また、磯兵衛が会社員になった番外編がマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で2018年1月上旬に配信される。

 「磯部磯兵衛」は、江戸を舞台に、青年武士・磯兵衛のぐだぐだな日々を浮世絵タッチで描いた仲間りょうさんのギャグマンガ。13年に同誌で連載がスタートした。コミックスが14巻まで発売されており、累計発行部数は130万部以上。15年にウェブアニメが配信されたことも話題になった。コミックス15巻が11月2日、最終16巻が18年1月4日に発売される。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事