CULEN代表・飯島三智氏、元SMAPの3人と「ビジネスパートナー」

CULEN代表の飯島三智氏が13日、東京・スパイラルホールで行われた日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」のレセプション後、報道陣の取材に応じた。

香取慎吾

今回は、同社がクリエイティブ活動の支援を行なっている香取慎吾が作家として企画展に参加。飯島氏は「日本財団さんからお話がありまして、今ある作品を出したということ」と明かす。香取が今後作家に専念するというわけではなく「もちろん芸能活動も行なっていきます」と宣言した。

また飯島氏は自身の立場を「モノを作ったりテレビに出たりするときの窓口となる、クリエイティブな面でのビジネスパートナー」と称し、芸能活動もアートも含めていくという。記者からの「芸能事務所ということですか?」という質問には、逆に「芸能事務所って、どういう定義だと思いますか? ちょっとわからなくて……」と質問で返した。

現在、香取、稲垣吾郎、草なぎ剛の3名のパートナーとなっている飯島氏だが、他のタレントの合流については「全く考えていないです! バタバタしていて」と強調。AbemaTVで『72時間ホンネテレビ』を配信するなどの新たな展開も決まっている3人について「まだオファーもあまりですが、オファーをいただけた方がもちろん嬉しいので」と、今後の活動についても示唆した。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事