河原和音「先生!」本編から数年後を描いた2ページのスピンオフが別マに

「先生!」のスピンオフより。

本日10月13日に発売された別冊マーガレット11月号(集英社)には、河原和音「先生!」のスピンオフマンガが掲載されている。

スピンオフは「先生!」を原作とした実写映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」が10月28日に公開されることを記念したもの。河原自らが描いたスピンオフマンガでは、「先生!」本編から数年後の響と伊藤先生が2ページで描かれた。なお今号の紙版には河原と映画で響役を務めた広瀬すず、伊藤先生役を務めた生田斗真の座談会も収められている。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事