脱衣麻雀ゲーム、エロ本自販機…井上和郎が懐かしの青春綴る「198Xメモリーズ」

「198Xメモリーズ」1巻

「美鳥の日々」「あいこら」などで知られる井上和郎が、コロコロアニキ(小学館)にて連載中の「198Xメモリーズ」1巻が、本日10月12日に発売された。

「198Xメモリーズ」は1980年の日本が舞台。脱衣麻雀に夢中になったり、“ホットスポット”と呼ばれるエロ本が捨てられている場所を巡ったり、エロ本自販機でお目当てを購入するべく奮闘したり、当時の男子中高生が共感するであろうエピソードが描かれている。井上の“ほぼ実話”だと言う、懐かしの青春物語だ。単行本には作中に登場するエロゲやお色気番組などの解説も収められた。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事