[芦田愛菜]人間VS猿なら「猿側」 映画「猿の惑星」新作のイベントで

映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」のイベントに出席した芦田愛菜さん

 女優の芦田愛菜さんが12日、東京都内で行われた映画「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」(マット・リーブス監督、13日公開)のイベントに、日本語吹き替え版で声優を務めた柳沢慎吾さんと登場。芦田さんは、映画の内容にちなみ「人間と猿が対決したら、どちらの味方につくか」という質問に「映画を見ていると、(人間と戦うことを決意した)シーザーが葛藤する姿に胸が痛くなります。シーザーに感情移入してしまい、猿側ですかね」と答え、映画の見どころについて「シーザーと(人間の)ノバとの交流を見てほしいです」とアピールした。

 この日、スペシャルゲストとして出席した芦田さんは、イベントの進行や台本を無視して、高校野球の話をしたり、ボケたりする42歳年上の柳沢さんに苦笑いを浮かべ、イベント終了後、なかなかステージを降りようとしない柳沢さんに、芦田さんが「こっちです」とステージを降りるよう促すなど終始、"自分流”の柳沢さんの行動に戸惑っている様子だった。

 映画は、「猿の惑星」シリーズの最新作。カリスマ的な主人公のシーザーが、最愛の家族を殺害されるというエピソードで幕を開ける。軍隊を統率する敵の冷酷非情なリーダーの大佐への憎悪に駆られたシーザーは、大勢の仲間を新たな隠れ場所へと向かわせ、自らは復讐(ふくしゅう)の旅に出る……という内容。柳沢さんは、ユーモアと知性を秘めた猿のバッド・エイプの日本語吹き替えを担当している。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事