ジラフ、中古スマホ専門のフリマサイト「スマホのマーケット」を公開

ジラフは、iPhoneをはじめとしたスマートフォンの中古端末を売買できるフリマサイト「スマホのマーケット(略称:スママ)」を公開した。

中古スマートフォンに特化した個人間売買のフリマサイトを謳うが、出品者と購入者の間にジラフが仲介に入り、購入者にはスマートフォン端末の動作チェック、端末の除菌、購入端末に適合する格安SIMカード購入の申し込み、修理補償など、出品者には端末内データの削除を行うなど、各種オプションサービスを提供する。これにより、買い手は、より状態の良い中古端末を購入でき、売り手も安心して販売することができるという。

商品がもし壊れたら、返金に対応、もし、出品された商品が偽物だった場合は、売買を取り消してくれる。また、使う端末、利用方法から適切なSIMをアドバイスするといったサービスも提供する。

利用に際して、登録、システム利用、決済手数料は無料。売上金の振り込み手数料は270円(税込、以下同)で、出品したスマホが売れた場合、手数料として商品価格の10%を徴収する。その他、オプションサービスに申し込んだ場合は追加料金が発生する。データ削除は1,980円、動作チェックと保証は2,980円、除菌クリーニングは480円だ。

人気記事

一覧

新着記事