キヤノン、低照度性能を向上させたモデルなどネットワークカメラ9機種発売

キヤノンは、ネットワークカメラの新製品として、高感度CMOSセンサーの搭載によりカラー撮影における最低被写体照度0.05ルクスを実現した「VB-H45 / VB-M44」など9機種を11月上旬より順次発売すると発表した。

「VB-H45 / VB-M44(シルバー/ブラック)」カラー撮影における最低被写体照度が従来機種の0.4ルクスから0.05ルクスへと向上し、夜間の撮影でもノイズの少ない映像で細部までクリアに認識でき、夜間警備などに威力を発揮する。

今回発売されるのは、光学20倍ズームレンズを搭載し、低照度性能を向上させた「VB-H45(25万8,000円) / VB-M44(21万8,000円)」に加え、小型シリーズとしてパン・チルトが可能なドーム型の「VB-S30D Mk II(9万9,800円) / VB-S31D Mk II(8万9,800円)」、固定ドーム型の「VB-S800D Mk II(7万4,800円) / VB-S805D Mk II(5万9,800円)」、固定ボックス型の「VB-S900F Mk II(7万4,800円) / VB-S905F Mk II(5万4,800円)」、ズームレンズ搭載ボックス型の「VB-H730F Mk II(15万8,000円)」、合計9機種(価格はいずれも税別)。小売店や飲食店などの小規模施設向けから、駅や空港などの大規模施設向けまで、さまざまなユーザーのニーズに応えるラインアップとなっている。

新製品9機種は、モニタリングのシーンに合わせ、「動き優先」、「高感度」、「データサイズ低減」から選択するだけで、シャッタースピードや露出など複数の設定項目の値が一括で切り替わる「簡単カメラ設定」機能を搭載している。また、立ち入り禁止エリアへの侵入やカメラへのいたずらなどを検知する8種類の「インテリジェント機能」を標準搭載しており、状況の変化を検知しメールでの通報やメモリーカードへの映像の記録ができる。さらにPCに加えてスマートフォン、タブレットからモニタリングや、録画の開始・停止、スナップショット撮影などのカメラ操作が可能な「モバイルカメラビューワー」機能に対応しているということだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事