キングジム、ちょっと席から離れたいときに持ち物を見張る「トレネ」

キングジムは10月11日、カフェなどで席から離れるときにスマートフォンと連携して荷物を"見守る"モニタリングアラーム「トレネ」を発表し、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて資金調達を開始した。製品の発売は2018年2月下旬ごろを予定する。価格は税別6,800円。

【発表会レポート】
盗れねぇトレネ - キングジムの新アイテムはスマホ連携する持ちモノ見張り番

セミナーやカンファレンスでの休憩時間やカフェにいるときに電話がかかってきたときなど、PCなど置いたまま席を離れなければならない場合に、「トレネ」とスマートフォンを専用アプリで連携して荷物を見守るツール。iOS 10以降に対応することからiOSデバイスのみのサポートとなる。

ユーザーがスマートフォンを持ったまま「トレネ」から離れると自動的に警戒状態になり、誰かが荷物を動かそうとすると内蔵された加速度センサーが動きを検知し、アラームとLEDで周囲に検知する。スマートフォンが「トレネ」が近付くと自動的に警戒状態は解除される。スマートフォンとの通信はBluetoothによって行う。動きに反応する感度は3段階から設定できるほか、アラームの音は小/中/大、無しから調整できる。なお、警戒状態でアラームが鳴ってもスマートフォンへの通知は行われない。

専用アプリの画面イメージ。2018年1月の提供を予定

主な仕様は、通信方式がBluetooth 4.1 BLE、バッテリを内蔵し、連続20時間の使用が可能。充電用のmicro USBポートを備える。本体サイズは直径40mm、高さ29mm。重量は約18g。

人気記事

一覧

新着記事