Rails技術者認定試験運営委員会、Rails 5 技術者認定ブロンズ試験発表

Rails技術者認定試験運営委員会は10月10日、 Rails 5.0に対応した「Rails5技術者認定ブロンズ試験」を発表した。ベータ試験は11月12日にコワーキングスペース茅場町 Co-Edoで実施する。ベータ試験の受験料は3240円。

「Rails5技術者認定ブロンズ試験」のロゴマーク

ブロンズ試験は、Ruby on Railsの基本知識を問う試験であり、これまでRails3技術者認定ブロンズ試験」と「Rails4技術者認定ブロンズ試験」が実施されている。

ブロンズ試験に加え、Ruby on Railsの実務で使えるコーディング力を問う試験として、「シルバー試験」も実施されているシルバー試験はまだRuby on Rails 5.0に対応していない。

Rails5技術者認定ブロンズ試験」の出題範囲は、以下の表のとおり。

項目 出題割合
Ruby on Rails概要 10%
ActiveRecordとActiveModel 35%
ActionPack 20%
ActionView 15%
ActionMailer 5%
ActionCableとActiveJob 5%
テスト(Minitest) 10%

受験料金は1万円で、学割・教員割価格は5000円(いずれも税別)。試験開始は2018年春の予定。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事