7~9月の不動産市場、マンション価格は下落 - アパートは上昇

健美家は10月10日、2017年7月~9月期の「不動産投資物件 市場動向」を発表した。同調査では、不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家」に登録された物件(以下、登録物件)とメールで問い合わせのあった物件(以下、問い合わせ物件)のデータをまとめた。

マンション価格、区分・一棟とも下落

区分マンションの登録物件投資利回りは前期比0.65ポイント上昇の7.71%と、2016年7~9月期(7.88%)の水準に接近。価格は同6.06%減の1,456万円と、2016年7~9月以来4期ぶりに下落した。

2017年7月~9月期の不動産投資物件 市場動向。(出典: 不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家」Webサイト)

一棟アパートの登録物件投資利回りは同0.13ポイント上昇の8.97%と、2016年1月~3月期以来の上昇となった。価格は同0.12%増の6,513万円と、2006年1月~3月期以来の高値を記録した。

一棟マンションの登録物件投資利回りは同0.12ポイント上昇の8.07%と、2期ぶりに8%台を回復。価格は同1.83%減の1億5,588万円と、2016年4月~6月期以来5期ぶりに下落した。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事