浅野忠信、稲森いずみの尻キックにノリノリ - ヒール直撃で会場大歓声

『刑事ゆがみ』主演の浅野忠信

俳優の浅野忠信が10日、都内で行われたフジテレビ系主演ドラマ『刑事ゆがみ』(12日スタート、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大)の舞台あいさつに登場。劇中で稲森いずみから尻を蹴り上げられるシーンを再現した。

浅野演じる違法捜査もいとわないテキトー主義の弓神適当と、神木隆之介演じる出世欲の強い後輩刑事・羽生虎夫の凸凹バディが、さまざまな事件を解決していく同作。稲森は、2人の上司である強行犯係長・菅能理香役を演じている。

理香は、男社会の中を生き抜いてきたべらんめえ口調の役柄で、稲森は「最初は言い慣れなかったんですけど、だんだん言ってくうちに、『あれ?これ気持ちいいもんだな』って思ってきました」と、快感になってきた様子。第1話では、浅野の尻を蹴り上げるシーンもあり、これを舞台上で再現するという流れになった。

浅野はなぜかノリノリで、すぐに立ち上がってお尻をスタンバイ。神木と無駄話をしていると、稲森はドスの利いた声で「おい!弓神・羽生! 何やってんだよっ!!」と言いながら、ヒールを浅野の尻に見事にヒットさせ、会場は大きな拍手に包まれた。

すると、同僚・多々木役の仁科貴が「ちょっといいですか? 町尾(橋本淳)が、菅能係長に怒鳴っていただきたいって言ってるんですが」と切り出し、橋本も「多々木さん(仁科)も一緒にって言ってました」ということで、2人も罵声を浴びることに。

仁科と橋本は、自然とひざまずき、稲森に「おい、多々木、町尾、何やってんだよこの野郎!」と怒鳴られると、2人はそのまま土下座スタイルで「ありがとうございます」と感謝して、ドMぶりを披露していた。

(前列左から)山本美月、浅野忠信、神木隆之介、稲森いずみ / (後列左から)橋本淳、仁科貴、主題歌を歌うWANIMA

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事