2016年「全国社長の出身大学」調査、トップ10は昨年と変わらず

東京商工リサーチは10月10日、2016年「全国社長の出身大学」調査の結果を発表した。同調査は、同社の企業データベース296万9431社(2016年12月時点)の代表者データ(個人企業を含む)のうち、公開された出身大学を集計したもの。

同一人物が複数の企業で社長を務めている場合、売上高が高い企業が優先されており、重複企業を集計対象外としている。集計対象外企業は20万4853社。

社長の出身大学のトップは、2万2135人の日本大学だった。圧倒的に卒業生が多く、調査を開始以来、7年連続トップを守ったという。これに、慶応義塾大学(1万890人)、早稲田大学(1万771人)が続く。慶応義塾大と早稲田大が僅差でしのぎを削り、上位3校が1万人超で抜け出ている。

上位10位まで前回と同じ顔ぶれで、関東以外では7位に近畿大学、9位に同志社大学、10位に関西大学の近畿勢3校が入り、10校すべて私立大学が占めた。

2016年 全国社長出身大学 資料:東京商工リサーチ

前年調査と比べ、ランキングが上昇したのは東京大学(12位→11位)、福岡大学(17位→16位)、愛知学院大学(20位→19位)、神奈川大学(23位→22位)、名城大学(24位→23位)、大阪大学(26位→25位)、大阪工業大学(28位→27位)、九州大学(31位→29位)など。上位100位の中では35校でランキングが上昇し、このうち国公立大学が19校と半数を超えたという。

都道府県別では、日本大学出身の社長が20都県でトップを占めた。特に、東北・関東で目立ち、日本大学が上位3校に入っていないのは、東日本では愛知県だけとなった。西日本では関関同立や地元大学が強い滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県の10府県。

2016年 都道府県別(企業所在地) 社長の最多出身大学 資料:東京商工リサーチ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事