キャノンMJら、タブレットをかざすだけで健康状態がわかるサービス提供開始

ノーリツ鋼機のグループ子会社となる日本医療データセンター(以下、JMDC)とキヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)は10月5日、「健康年齢OCRサービス」を共同開発し、同日より提供を開始したことを発表した。

これに伴い「健康年齢OCRサービス」は、第一生命保険が顧客の健康寿命延伸やQOL向上を目的に展開する健康増進アプリ「健康第一」に「MY健診アドバイス」として採用されたという。

「MY健診アドバイス」は、健康診断の検査値だけではわかりにくい健康状態をタブレット端末上に一目でわかりやすく表示するサービス。

仕組みとしては、顧客がタブレット端末のカメラを健康診断書にかざすだけで、必要な項目の検査値を自動で抽出しOCR解析を行って一覧表示。これを、JMDCが開発した統計モデルに照らし合わせ、健康状態の解析結果としてすぐにタブレット端末上に表示する。

「MY健診アドバイス」イメージ

カラダの年齢「健康年齢」と「生活習慣病予備軍」「隠れメタボ」「健康体」などの9段階の「健康タイプ」のほか、健康状態に応じてわかりやすい改善の指標と健康アドバイスも表示されるため、利用者は、日々楽しみながら健康増進に取り組むことが可能だ。

キヤノンMJは今後、OCRの技術とAIやIOTなどの新しい技術を組み合わせたソリューションを、金融・製造・流通など各業種の業務にあわせたソリューションとして展開していく。一方、JMDCは、医療ビッグデータを活用した生活習慣病予防や健康増進に資するサービス開発により健康社会の実現に貢献していく考えだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事