Google、スマホ新製品「Pixel 2」発表、DxOカメラ評価でiPhone 8を上回る

米Googleは10月4日 (現地時間)、スマートフォンの新製品「Google Pixel 2」と「Google Pixel 2 XL」を発表した。Googleの「モバイル優先、AI優先」を反映した設計になっているのが特徴。カメラが強化されており、DxOMark MobileでiPhone 8シリーズを上回る「98」スコアを獲得した。価格はPixel 2が649ドルから、Pixel 2 XLが849ドルから。米国、カナダ、英国、ドイツ、インド、オーストラリアで予約受け付けを開始、10月に発売する。

5インチAMOLEDの「Pixel 2」(Kinda Blue)

6インチpOLEDの「Pixel 2 XL」(Black & White)

Pixel 2はディスプレイが5インチ (FHD: 1920×1080)のAMOLEDで、本体サイズが145.7×69.7×7.8ミリ、重量が143グラム。内蔵バッテリーは2700mAh。カラーが「Just Black」「Clearly White」「Kinda Blue」の3色となってる。

Pixel 2 XLはディスプレイが6インチ (QHD: 2880×1440)のpOLEDで、本体サイズが157.9×76.7×7.9ミリ、重量が175グラム。内蔵バッテリーは3520mAh。カラーは「Just Black」「Black & White」の2色。

これら以外のスペックは共通であり、イベントでは大きなモデルを優先せず、どちらのサイズでも同じ機能と使用体験を得られる点をアピールしていた。

15分の充電で最大7時間使用できる急速充電に対応

初代PixelはGoogleのAIアシスタント「Google Assistant」が統合された初のスマートフォンだった。Pixel 2は画像解析から情報を引き出す「Google Lens」に対応した初のスマートフォンになる。たとえば、名前が分からない花の写真にカメラを向けるとGoogle Lensが花の名前を調べたり、近くの花屋を教えてくれる。また「OK, Google」と呼びかけなくても、端末を握るだけで素早くGoogle Assistantにアクセスできる (Active Edge)。

「Google Lens」

カメラは、背面が12.2メガピクセル (F1.8)で、レーザーAF、位相差AFに対応。電子式手ブレ補正だけではなく、光学式手ブレ補正を搭載する。前面は8メガピクセル、F2.4。昨年、初代モデルがDxOMark MobileでiPhone 7を上回る「89」スコアを獲得したのが話題になったが、今年は「98」にスコアを伸ばした。10月4日時点で2位のiPhone 8 PlusとGalaxy Note 8は「94」、4位のiPhone 8は「92」だ。

デュアルカメラは採用せず、端末での画像解析を活かした画質で勝負

本体にはアルミニウムユニボディが採用されており、IP67相当の防水防塵性能を備える。ディスプレイのカバーガラスはGorilla Glass 5。

SoCはSnapdragon 835 (2.35GHz+1.9GHz、オクタコア)で、RAMは4GB。ストレージは64GB/128GB。Pixel 2シリーズのユーザーは、2020年末まではPixelで撮影した写真とビデオをオリジナルのまま、制限なしでGoogle Photoにアップロードできる。

ワイヤレス機能はWi-Fi (802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0+LE、NFC。スピーカーがステレオになった一方で、3.5ミリジャックが廃止された。付属のUSB-C to 3.5ミリ変換アダプタで有線ヘッドフォンを接続するか、またはBluetoothヘッドフォンを使用する。Googleは「Google Pixel Buds」というBluetoothヘッドセットを用意した。ワンタップでGoogle Assistantにアクセスできる。価格は159ドル。カラーは「Just Black」「Clearly White」「Kinda Blue」の3色。米国などで11月に発売される。

「Google Pixel Buds」、使用時間は最大5時間、充電ケースで充電することで最大24時間の使用が可能

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事