KDDIとJR東日本、5Gを鉄道サービスに活用する実証実験「MUE-Train」も使用

KDDIとJR東日本は28日、第5世代移動通信システム(5G)を活用した実証実験を共同で実施すると発表した。あわせて一般利用者が5Gを体感できるイベントも実施する。

実証実験イメージと電波伝搬試験イメージ(2枚ともJR東日本提供)

実証実験は、高速で走行する列車内での高速・大容量通信を目的としたもの。在来線試験電車「MUE-Train」を使用し、受信側の移動に合わせてビームの向きを変える技術(ビームトラッキング)と、受信側の移動に合わせて接続基地局を変更する技術(ハンドオーバー)の性能を検証する。また、先頭車両に設置する4Kカメラで撮影した高精細映像の送信や8K映像のストリーミング受信を行い、高速・大容量通信の性能を確かめる。実施時期は10月中旬から10月下旬まで(予定)。

続いて10月下旬から11月上旬にかけて、駅ホームにおける電波伝搬試験を実施。列車が頻繁に往来し、多くの利用者が乗降する駅ホームの環境において、5Gで利用する高周波数帯の電波の伝わり方を検証する。同時にビームの幅を絞って電力を集中することで電波が届く範囲を延伸させる技術(ビームフォーミング)の検証も行う。

2018年1月頃には、上野駅イベント広場にて5G体感イベントを開く予定。上野駅で実施される地域再発見産直市と宮城県の南三陸さんさん商店街を5Gで接続し、VR技術によって上野駅にいながらにして同商店街での買い物を疑似体験してもらう。イベントの日時や詳細は決まり次第、発表される。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事