Windows 10高速化テクニック17選

fossBytesに9月28日(米国時間)に掲載された記事「17 Tips & Tricks To Speed Up Windows 10 And Make It Faster」が、Windows 10を高速化するための17のテクニックを紹介した。紹介されているテクニックは次のとおり。

  1. タスクマネージャを使って起動時に実行されるプログラムの数を減らす
  2. 同時に実行するアプリケーションの数を減らす(特にメモリを大量に消費しているもの)。物理的にメモリを増設することが好ましいが、それができない場合はPage Fileのサイズを引き上げる方法がある
  3. システムファイルチェッカーを実行する(コマンドプロンプトからsfc /scannowを実行)
  4. Windows Defenderなどを使って、マルウェアのスキャンを行う
  5. 定期的にシステムを再起動する
  6. ハイバーネートを活用する(スリープモードでもよい)
  7. アニメーションや特殊効果を無効にする
  8. Windows Updateをしっかり適用する
  9. アプリケーションの起動にカスタムキーを使用する
  10. 目的に応じてバックグラウンドサービスの優先度を設定する
  11. OneDriveのデータ自動同期機能を無効にする
  12. 高速起動機能を有効にする
  13. ReadyBoostを活用する
  14. ライブタイルを無効化する
  15. ハイパフォーマンスモードを利用する
  16. トラブルシューティング機能を活用して問題を修正
  17. どうにもならなくなったら一旦リセット(再インストール)する

Windows 10のタスクマネージャ

MicrosoftはWindows 10をローリングリリースに近いモデルと位置づけており、年に1回の大幅なアップデートの提供を続けながらWindows 10としてプロダクトの提供を継続する意向を示している。2017年10月には次のアップデート版となるWindows 10 Fall Creators Updateの提供が予定されている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事