Amazonがスマートスピーカー新製品発表、第2世代「Echo」と「Echo Plus」

米Amazonは9月27日 (現地時間)、デジタルアシスタントAlexaを利用できるスマートスピーカー「Echo」シリーズの新製品、「Echo」の第2世代モデルと新たな上位モデルになる「Echo Plus」を発表した。新しいEchoはコンパクトなデザインで、99.99ドルという手頃な価格になった。複数の部屋に置いて、マルチルームオーディオも楽しめるように、Amazonは3台購入で50ドルを値引きするプロモーションコードも用意した。Echo Plusは初代Echoと同じデザインで、スマートホームハブ機能を備える。価格は149.99ドル。どちらも米国において10月31日に発売になる。

第2世代「Echo」

「Echo Plus」

Echoシリーズの新製品は、第2世代のFar-Fieldテクノロジーを備える。ビームフォーム技術やノイズキャンセル機能が向上、スリープから復帰させるコマンドの処理が強化され、離れた場所や騒がしい場所からEchoに話しかけても、これまで以上に正確にEchoが音声コマンドに反応する。Alexaで"できること"も増えている。1つのコマンドに複数のアクションをカスタマイズできる「Alexa Routines」を使うと、たとえば「Alexa, good night,」というコマンドに、消灯、TVなどの電源オフ、ドアの施錠といった就寝前のアクションをまとめてリンクさせられる。

第2世代Echoは、初代モデルと同じ円筒形のデザインだが、高さが約37%低くなった。本体サイズは148×88×88ミリ、重さが821グラム。外装に、チャコール、グレイ、サンドストーンといった布製のシェル、またはウオルナット、オーク、シルバーといったフィニッシュのシェルを選べる。Echoの特徴の1つであるパワフルなスピーカーは、2.5インチのウーファーと0.6インチのツイーターという組み合わせ。Amazon Music、Spotify、Pandora、iHeartRadio、TuneInといった音楽サービス、オーディオブックのAudible、数多くのネットラジオの利用が可能。

Echo Plusは、初代Echoと同じデザインで、本体サイズは235×84×84ミリ、重さは954グラム。本体カラーは、ブラック、シルバー、ホワイトの3色。スピーカーは2.5インチのウーファーと0.8インチのツイーターという構成だ。スマートホームハブ機能によって、アプリやスキルをインストールしなくても、ZigBeeを採用したスマートホームデバイス (照明器具、鍵など)を見つけ出して設定してくれる。

Echo、Echo Plusともに、3.5ミリのオーディオジャック、電源ポート、マイク (7個)アレイ、アクションボタン、マイクのオン /オフ・ボタン、ライト・リングなどを備える。音量はAlexaに頼むか、Echoは音量ボタンで、Echo Plusは音量リングを回して調整する。ワイヤレス機能は、Wi-Fi (802.11 a/b/g/n/ac)とBluetooth。

人気記事

一覧

新着記事