[生田斗真]広瀬すずと褒め合い 「史上最強に可愛い」

映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」の完成披露イベントに登場した広瀬すずさん

 俳優の生田斗真さんと女優の広瀬すずさんが26日、東京都内で行われた映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」(三木孝浩監督、10月28日公開)の完成披露イベントに登場した。生田さんは「広瀬すず史上、最強に可愛い映画ができました。世の男性諸君、覚悟して映画館に来るように」とアピールし、広瀬さんも「(生田さん演じる)伊藤先生がかっこいいです」と互いに褒め合い、チームワークの良さを見せつけた。

 生田さんは、広瀬さんとの初対面を「僕が某金髪の潜入捜査官をやっていて、(広瀬さんが)某チアリーディングをやっている時にたまたまスタジオでメーク部屋が一緒で」と明かし、「その時にモコモコのルームウエアを着て金髪でオールバックで……恥ずかしい出会いだった」と振り返った。広瀬さんも「(生田さんがどんな人なのか)初めはよくわからなかったです」とうなずき、「どう変わっていくのかなと思っていたんですけど、2回目にお会いした時は舞台を見に行って(生田さんが)バンパイア役だったので、結局なんだかよくわからなかったです」とエピソードを語り、観客の笑いを誘った。

 この日は生田さん、広瀬さんのほか、共演した竜星涼さん、森川葵さん、健太郎さん、中村倫也さん、比嘉愛未さん、三木監督が登場。教師役の生田さんにちなみ、「教えて! 伊藤先生!」と題した、恋愛に関する質問に答えるコーナーも設けられ、適当に答えたり、おどけたりする生田さんに共演者が突っ込むなど和気あいあいとした雰囲気だった。

 映画は、1996年から2003年まで月刊マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された河原和音さんの人気マンガ「先生!」が原作。生真面目でとっつきにくいが、根は優しい教師の伊藤貢作(生田さん)と、伊藤に初恋をしてしまう女子高生の島田響(広瀬さん)の恋愛を描く“純愛”ストーリー。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事