[機動戦士MOONガンダム]福井晴敏原作のマンガが連載開始 “忘れられたコロニー”が舞台 アムロも登場

福井晴敏さんが原作を担当したマンガ「機動戦士MOONガンダム」のイラスト(C)創通・サンライズ

 「機動戦士ガンダムUC」などの福井晴敏さんが原作を担当したマンガ「機動戦士MOONガンダム」が、26日発売のマンガ誌「月刊ガンダムエース」(KADOKAWA)11月号で連載が始まった。

 同作は、福井さんが「機動戦士ガンダムUC」を作る前に考案していた企画がベースで、「機動戦士ガンダムZZ」に登場する“忘れられたコロニー”のムーン・ムーンを舞台に、これまで触れられてこなかった宇宙世紀の裏側が垣間見える作品になるという。第1話には、ロンド・ベル隊に所属するアムロ・レイも登場した。

 「機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ」の虎哉孝征さんがマンガを担当し、「ガンダム Gのレコンギスタ」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」などの形部一平さんがでメカニックデザインを手がけている。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事