『ひよっこ』早苗のお相手役はザ・コレクターズの古市コータロー

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)の第152話が9月26日に放送。「あかね荘」の住人でOLの久坂早苗(シシド・カフカ)が、運命の彼・片岡龍二と再会しプロポーズをされる展開と、ザ・コレクターズのギター・古市コータローが龍二役だった事について、インターネット上で話題になっていた。

以前、早苗が自身の恋の話についてみね子(有村架純)たちに語った際、その相手と再会できるのか、相手役は誰なのか、また、古市の出演を予想する声などがあがっていた。18才で上京したばかりの早苗の初恋の相手は、デパートのエレベーターで出会ったドラマーで「とにかく格好いい」という。出会ったばかりで恋に落ちた2人だったが、その夜ドラムの修行のためアメリカへ。その時、彼を「25才まで待つ」と約束したため、早苗は”永遠の25歳”にこだわり、見合いを38回も破談にさせていたのだ。

この日の放送では、「あかね荘」の住人が広場に集まる中、突然現れた龍二が「一緒に花のサンフランシスコに行かないか」と早苗にプロポーズ。早苗は「遅い……」と言って龍二に抱きつき……。普段はクールな早苗の情熱的な一面に「乙女への変貌ぶりに驚いた」「早苗さんとお似合いすぎてドキドキした」などの声があがっていた。そんな早苗は、後日満面の笑みを浮かべて「あかね荘」を旅立った。

<明日の放送>みね子(有村)のもとに、父の実(沢村一樹)から「見せたいものがある」とはがきが届く。秀俊(磯村勇斗)にも相談し、急いで奥茨城に帰るみね子。バス停に降り立つと、ちよ子(宮原和)と進(髙橋來)が迎えに来ていた。一方、中華料理屋の五郎(光石研)と安江(生田智子)が、養子にした女の子・茜(上杉美風)を連れて広場にやってくる。緊張ぎみの茜は、元治(やついいちろう)が面白い顔をしても笑ってくれず……。


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事