吉岡里帆史上最も衝撃的な演技を披露『世にも奇妙な物語』初主演でサイコスリラーに挑戦

女優の吉岡里帆が、フジテレビ系で10月14日(土)21時から放送される『世にも奇妙な物語'17秋の特別編』のサイコスリラー作品『寺島』で、番組初出演で初主演を果たすことがわかった。

『寺島』は、ビッグスピリッツコミックス「逃走鉄馬バイソン」の3巻に収録されているカサギヒロシの特別読み切り漫画が原作。物語は、初連載が決定したものの、アシスタントがやめてしまい困っていた漫画家の山崎(峯田和伸)の元に、担当編集者の江田(福田温子)に紹介されたと、寺島ひな(吉岡)と名乗るかわいらしい女性がアシスタントとして現れる。

漫画原稿の下書きが思うようにいかない山崎だったが、アシスタント作業をする寺島の美しい横顔が目にとまり、彼女の顔をスケッチブックに描き始める。それに気づいた寺島は恥ずかしがるが、山崎はスケッチをやめない。そのうち寺島は山崎に小学生時代の話をはじめ、その頃の友だちだった小林摩子(大後寿々花)のことを語り出すのだった……。

吉岡は、本作について「なにげない会話とか表情、目配せなど、1シーンごとに色々な伏線が張ってあるので、それを感じ取ってもらいたい」と語り、ラストシーンをど真ん中で受け止めてもらうために「始まったその瞬間から最後まで目を離さないで見てほしいです。すべてのシーンに意味がある」と紹介。「どのシーンにも細心の注意を払って撮影されています。私が主演を演じた『寺島』という作品が生み出すトラウマをぜひ受け取ってください!」とアピールした。また、フジテレビの編成企画・狩野雄太は「吉岡里帆さん史上最も衝撃的な演技を繰り広げていただける」と期待を寄せている。

『世にも奇妙な物語'17秋の特別編』では、『寺島』や既報の岩田剛典主演『運命探知機』を含む4作品のほか、短編も多数含め、本格ホラー、サスペンス、ユーモラスなど様々な切り口の物語が紡がれていく。


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事