[二宮和也]綾野剛と仲良しトーク 監督も「兄弟を超えた関係」と太鼓判

映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の完成報告会見に登場した綾野剛さん

 人気グループ「嵐」の二宮和也さんと俳優の綾野剛さんが25日、東京都内で開かれた映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」(滝田洋二郎監督)の完成報告会見に登場した。現代編に出演した二宮さんと綾野さんは会見でお互いの質問に干渉し合うなど“仲良しトーク”を展開。滝田監督は映画について「ニノ(二宮さん)と綾野ちゃんは、兄弟を超えた関係みたいにできたので……」と2人の演技に太鼓判を押していた。

 さらに報道陣から「欲しい特殊能力は?」を質問された二宮さんは「透明人間にしようかな」と答えると、綾野さんは「何をしたいの? 大変だぜ」と割り込んだ。それを聞いた二宮さんは「じゃあ、空を飛びたいかな」と答えを変更し、再び綾野さんは「それ、ずっと言っているよね」とツッコミを入れた。二宮さんは「仕事上、歌ったり踊ったりするじゃないですか。空を飛べたらカッコいいかな」と理由を説明していた。

 同じ質問に綾野さんは「世界中の人と会話をしたいので、全世界の語学を身に着ける」と答えると、今度は二宮さんが「俺もそれに(変更)します。その能力すごいわ!」と割って入っていた。会見には、西島秀俊さん、宮崎あおいさん、「関西ジャニーズJr.」の西畑大吾さんも出席した。

 原作は、1990年代に人気を博した料理対決バラエティー「料理の鉄人」の演出家で知られる田中経一さんのデビュー小説。天皇の料理番・山形直太朗が考案した究極のフルコース「大日本帝国食菜全席」を巡り、2000年代初頭と1930年代の二つの時代で並行して語られる。現代編は、麒麟の舌(絶対味覚)を持ちながら料理の情熱を失った主人公・佐々木充(二宮さん)が、消えたレシピの解明に挑むミステリー。過去編は、太平洋戦争直前、レシピ作成に人生をささげたもう一人の麒麟の舌を持つ直太朗(西島さん)と、彼の信念を支え続けた人々の運命が描かれる。11月3日に公開。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事