NTTとトヨタ、生活支援ロボット普及に向け共同研究

NTTとトヨタ自動車は9月25日、NTTグループ各社が保有するAI技術「corevo」と、トヨタが開発を進めているパートナーロボットの1つである生活支援ロボット(Human Support Robot:HSR)を活用して、日常生活の様々なシーンにおける行動支援を実現する共同研究を開始すると発表した。

今回の共同研究では、「corevo」を組み込んだコミュニケーションロボットやHSRを中心に、両社が保有する技術やノウハウを組み合わせながら、多様なロボットやその他デバイスを連携させることで、人の行動を先回りしてサポートできる技術の開発を推進する。

また、イベント会場や商業施設向けサービスプロトタイプを作成し、来場者や顧客に体験してもらいながら、実用化に向けた受容性・有効性の検証と技術課題の抽出を行い、人の役に立ち、人と共生するパートナーロボットの実用化促進と普及を目指す。

NTTはAI技術「corevo」を提供するとともに、サービスプロトタイプを構築し、多様なシーンにおける生活支援ロボット活用に向けた技術課題の抽出を行う。

トヨタは、常の生活支援に必要な基本機能「落ちた物を拾う」「手の届かない物を取ってくる」「家族や介護者とのコミュニケーション」を有するHSRと関連ノウハウ、技術検証に必要な実験フィールドを提供する。

まずは、2017年10月3日~6日に幕張メッセで開催予定の「CEATEC JAPAN 2017」NTTブースにおいて、サービスプロトタイプを出展。その後、ロボット関連イベントやショールームなどの実フィールドでの実証実験を実施することで、HSRを中心としたロボット連携サービスの可能性を探っていく。

サービスプロトタイプ(CEATEC JAPAN 2017)イメージ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事