偽札製造を通して出会った青年2人のBL「神様はたぶん左利き」

「神様はたぶん左利き」

虫歯による単行本「神様はたぶん左利き」が、本日9月25日に発売された。

「神様はたぶん左利き」は父の借金を返済するため、祖父が経営する印刷所で偽札を製造する夜野と、印刷所へとやって来た「人間コピー機」と言われるほど精巧に絵の複製を行える真倉の2人を描くBLもの。まるで感情を表に出さない真倉に対し夜野は突っかかってしまうが、ある出来事を契機に2人の距離は縮まっていく。

同作はホーム社より刊行されている、電子限定のBLアンソロジー・.Bloomにて連載されていた。なお単行本には描き下ろしもふんだんに収められている。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事