『直虎』菅田将暉演じる"成長した虎松"登場! 寺田心からバトン引き継ぐ

きょう24日に放送されるNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合 毎週日曜20:00~ほか)の第38回「井伊を共に去りぬ」に、俳優の菅田将暉演じる成長した虎松が初登場。子供時代を演じた子役の寺田心からバトンを引き継ぐ。

直虎(柴咲コウ)

このドラマは、戦国時代において女性でありながら「直虎」という男の名前を名乗り家督を継ぎ、厳しい戦国の世を生き抜いた井伊家の当主・井伊直虎の激動の人生を描いた物語。己の知恵と勇気を駆使し、そして仲間たちと力を合わせて国を守り、発展への礎を築いた主人公・井伊直虎を女優の柴咲コウが演じている。

先週放送の第37話「武田が来たりて火を放つ」では、還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎(柴咲)は、龍雲丸(柳楽優弥)とともに新しい生活を送っていた。そんな折、堺で新たな商売を始めた中村屋(本田博太郎)から誘われた龍雲丸は、直虎に一緒に堺に行ってほしいと告げ、直虎は一度は堺へ行くことを決めるも、武田と徳川の雲行きを見守ることに。そんななか、徳川は三方ヶ原で武田の猛攻に大敗を喫す。それでも、徳川方として戦うという近藤康用(橋本じゅん)に、直虎は帰順するよう促すが、近藤は城に火を放って逃げることを決めた。

そして、きょう放送の第38話「井伊を共に去りぬ」へ。武田軍相手にあくまで戦う姿勢を崩さない近藤に対し、直虎は兵力となる百姓たちを皆逃がし無力化することで、武田への帰順を迫る。しかし近藤は、城に火を放ってこれに抵抗。怒った武田軍も里の家々に火をかけ、井伊谷は焦土と化してしまう。それから2年の月日が流れ、龍潭寺で直親の十三回忌法要が執り行われる。そこには成長した虎松(菅田将暉)の姿があった。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事