Java 9 SE公開 - 3年半ぶりのメジャーアップグレード

Java Programming Language - Java SE Development Kit 9

Oracleは9月21日(米国時間)、「Java SE - Downloads|Oracle Technology Network|Oracle」において、Javaの最新版となる「Java SE 9」の提供を開始した。

執筆段階で提供されているパッケージは次のとおり。

【Java SE Development Kit 9】

  • Linux版 jdk-9_linux-x64_bin.rpm
  • Linux版 jdk-9_linux-x64_bin.tar.gz
  • macOS版 jdk-9_osx-x64_bin.dmg
  • Windows版 jdk-9_windows-x64_bin.exe
  • Solaris版 SPARCjdk-9_solaris-sparcv9_bin.tar.gz

【Java SE Runtime Environment 9】

  • Linux版 jre-9_linux-x64_bin.rpm
  • Linux版 jre-9_linux-x64_bin.tar.gz
  • macOS版 jre-9_osx-x64_bin.dmg
  • macOS版 jre-9_osx-x64_bin.tar.gz
  • Windows版 Offline jre-9_windows-x64_bin.exe
  • Windows版 jre-9_windows-x64_bin.tar.gz
  • Solaris SPARC版 jre-9_solaris-sparcv9_bin.tar.gz

【Server JRE (Java SE Runtime Environment) 9】

  • Linux版 serverjre-9_linux-x64_bin.tar.gz
  • Windows版 serverjre-9_windows-x64_bin.tar.gz
  • Solaris SPARC版 serverjre-9_solaris-sparcv9_bin.tar.gz

Java 9 SEは3年半ぶりのメジャーアップグレードバージョン。Java 9はこれまでのバージョンと比較してモジュール関連の機能が大幅に強化されているほか、さまざまな新機能が導入されている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事