[賭ケグルイ]伊瀬茉莉也、若井友希はアフレコで“顔芸” 「表情も崩しながら」演技

「東京ゲームショウ2017」のエイベックス・ピクチャーズブースで行われた「賭ケグルイ」のステージイベントに登場した若井友希さん(左)と伊瀬茉莉也さん(C)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「賭ケグルイ」製作委員会

 テレビアニメ「賭(か)ケグルイ」に出演中の声優の伊瀬茉莉也さんと若井友希さんが23日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中の日本最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」のエイベックス・ピクチャーズブースに登場した。アニメは“顔芸”とも呼ばれるキャラクターの独特の表情も話題になっており、生志摩妄(いきしま・みだり)役の伊瀬さんは「原作のすごさをアニメで表現できればと思い、アフレコでは表情も崩しながら演じています」と明かし、皇伊月(すめらぎ・いつき)役の若井さんも「私も崩しながら演じています」と話した。

 また、伊瀬さんと若井さんは、アニメに登場したギャンブル「投票ジャンケン」に挑戦。来場者がグー、チョキ、パーのいずれかのカードを投票箱に入れ、伊瀬さんと若井さんがそれぞれカードを3枚ずつ引いて、手札でジャンケンをするギャンブルで、伊瀬さんが「グーを出すね」と宣言をしつつ、実際にはチョキを出すなど心理戦となり、全5戦で伊瀬さんが3勝した。若井さんは「私は裏をかこうとすると、ボロが出ますね」と悔しそうな様子だった。今秋に配信予定のスマートフォン用ゲーム「賭ケグルイ チーティングアロード」もプレーした。

 「賭ケグルイ」は、「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2014年3月から連載中の河本ほむらさん原作、尚村透さん画のマンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さなどギャンブルの強さがすべてを決める私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)の登場によって、学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。TOKYO MX、MBS、BS11ほかで放送。最終話「賭ケグルイの女」が23日から順次、放送される。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事