日本郵船とNTT、船舶IoTに関する共同実験を開始

日本郵船(NYK)とNYKグループのMTI、NTTおよびNTTデータは、高度な船舶の運航と保守管理などの「安全」と「環境」への取り組みを加速させることを目的として、船舶IoTの次世代プラットフォームに関する共同実験を開始した。

共同実験のイメージ図

同実験では、NYKとMTIが研究開発を進めてきた、運航状態や燃費などのデータを船陸間でに共有するためのシステム「SIMS」、NTTグループのAI技術「corevo」およびNTTデータのデータ活用ノウハウを適用し、かつノルウェーの海事IT企業であるDualogのデータ共有技術を活用することで、安定的・効率的なデータ・情報・アプリケーションの共有を実現することを目指すという。

なお、NYKは今後も情報通信技術を活用した船舶IoT分野におけるイノベーションの創出に向けて取り組みを進めていくとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事