ソフトバンク、IoTデバイス向けにeSIMプラットフォームを運用開始

ソフトバンクは9月20日、eSIMに対して通信ネットワーク接続に必要な情報を、遠隔で書き込みや切り替えができるeSIMプラットフォームの運用を、ウェアラブル端末などのIoTデバイス向けに9月22日より開始すると発表した。

ウェアラブル端末などのIoTデバイス向けeSIMプラットフォームの利用イメージ

同プラットフォームは、ソフトバンクのIoT推進の一環として開発されたもの。ウェアラブル端末などのIoTデバイスに搭載されたeSIMに対して、通信ネットワーク接続に必要な情報に加え、事前に登録した契約情報などを遠隔で書き込むことが可能となる。

なお同社では今後も、5Gの時代に向け、さまざまなパートナーとともにIoTに関する取り組みを推進していくと説明している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事