1億円を前に本性が露わに…釈由美子主演『LOVE GAME』配信スタート

釈由美子が主演を務め、2009年4月から7月にわたって放送されたドラマ『LOVE GAME』(読売テレビ・日本テレビ系)の第1話が、民放公式テレビポータル「TVer」や無料見逃し配信サービス「ytv MyDo!」にて配信スタートした。

参加するプレーヤーにリスクは無く、恋愛に関する究極の課題をクリアすれば1億円が支払われる「LOVE GAME」。ある日、100万円が振り込まれた人の元に「LOVE GAME財団」のディーラー・氷室冴(釈)が現れ、彼らにそのプレーヤーとなることを薦める。しかし未だかつてクリアした者はおらず、参加したプレーヤーは、やがて愛だと信じていたものの残酷な真実を突きつけられることになる。

第1話では、突如振り込まれた100万円を不審がる滝沢光一(塩谷瞬)に、「LOVE GAME」のディーラー・冴が接触。滝沢に用意されたゲームは「8時間以内に、妻に離婚届に判を押させたら1億円」というもの。警戒しながらも、バッグごと手渡された1億円に心が揺らぐ光一。「自分に従順な妻・由布子(北川弘美)を説得するのは楽勝だ。あとでゲームだったと明かせばいい」と考え、プレーヤーになることを承諾する。

だが、由布子には光一とは絶対に別れられないある理由があった。光一は、1億円を手に入れようとしたばかりに、その秘密を知ってしまうことに……。実は由布子は、兄・光太郎(中村世渚)の元カノであり、既婚者の光太郎とは結婚出来ないために光一と結婚。「光一との子どもではあるが、光太郎に似ていることを喜んでいた」など、ショッキングな秘密が続々と明らかになる。全ての秘密を知った光一は、冴に「どうしてこんなことをさせたんだ」と食って掛かるも、冴は「全てを知ったからこそ、今のあなたなら本当に彼女を愛することができる」と告げる。しかし、光一は「俺には無理だ」と崩れ落ちるのだった。

1億円という大金を前に、人間の本性が露わになる本作。各話には、井上和香、鈴木亜美、さとう珠緒、市川由衣、桐谷美玲、出川哲朗、小沢真珠といった豪華ゲストが出演。さらに、各話に衝撃的な秘密の数々も散りばめられており、ドラマ放送中、ネット上では「女にはいくつもの顔があるっていうけど恐ろしい」「こんな一面知りたくなかった」といった声があがっていた。

続きが気になる第2話以降は、「TVer」「ytv MyDo!」にて毎週金曜日に公開され、2018年1月8日(月)まで視聴することができる。


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事