富士通研、両手が塞がっていても使えるウェアラブル型の音声翻訳端末を開発

富士通研究所は、医療現場での診察、看護など両手が塞がりやすい業務に適したウェアラブル型のハンズフリー音声翻訳端末を開発したと発表した。

開発したウェアラブル型ハンズフリー音声翻訳端末の外観

近年、訪日外国人の増加に伴い、病院を訪れる外国人患者が増加しており、多言語による会話の支援が課題となっている。富士通研は、2016年に人の音声や話者の位置を認識し、端末に触れずに自動で適切な言語に切り替えるハンズフリー技術を開発し、同年、東京大学医学部附属病院(東大病院)および情報通信研究機構(NICT)と共に医療分野における据え置き型のタブレットを使った多言語音声翻訳の実証実験を行った。その結果、病棟での看護など医療者の両手が塞がる場合が多いため、端末に触れることなく、身に付けて利用できる音声翻訳端末への期待が大きいことが分かった。

今回、同研究所は、多言語音声翻訳の適用領域を広げるために、音道形状の工夫により小型無指向性マイクを用いる話者識別技術の開発と、雑音に強い発話検出技術の精度を向上させ、小型でウェアラブル型のハンズフリー音声翻訳端末を開発した。同端末を利用することにより、両手が塞がりやすい医療者の負担軽減が期待できる。

使用イメージ。音道形状の工夫により話者を識別するため、従来の音声翻訳と異なり、ボタンなどに触れることなく使用することができる

ウェアラブル型ハンズフリー音声翻訳端末の利用イメージと指向性の関係

なお、富士通研は、富士通が東大病院とNICTと共に行っている多言語音声翻訳の臨床試験において、今回新たに開発したウェアラブル型のハンズフリー音声翻訳端末を2017年11月から適用し、医療現場での有効性を検証するとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事