行くぜ、相棒!スピリッツで「仮面ライダーW」桐山漣、菅田将暉が久々の共演

桐山漣、菅田将暉が表紙を飾る週刊ビッグコミックスピリッツ44号。ファンにはたまらない“ゾクゾクするねえ”な表紙が目印だ。

10月2日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ44号(小学館)では「見ようぜ!仮面ライダー」と題した特集が組まれ、特撮ドラマ「仮面ライダーW」で主演を務めた桐山漣、菅田将暉が表紙を飾る。

週刊ビッグコミックスピリッツでは、「仮面ライダーW」の続編マンガ「風都探偵」が連載中。これを受け、「仮面ライダーW」の放送終了から7年を経て、左翔太郎役の桐山とフィリップ役の菅田が、役柄をイメージした衣装をまとい変身ポーズで登場した。誌面には2人のグラビアのほか、当時の思い出について語り合った貴重な対談も掲載。特大両面ピンナップが付属し、サイン入りグッズのプレゼント企画も行われる。

さらに「風都探偵」の脚本を務める三条陸と監修を担当している東映の塚田英明が、同作の制作秘話や「仮面ライダーW」立ち上げ時の舞台裏を語る対談も掲載。吉田戦車、二ノ宮知子による、平成ライダーを題材としたエッセイマンガも収められる。特撮、仮面ライダーファンには見逃せない1冊だ。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事