原宿の住みやすさをデータから分析!憧れの東京生活を体感できる街

日本中の誰もが知っている東京の街、原宿。若者独特の“KAWAII文化”溢れる竹下通りや、高級ブランド店が並ぶ表参道などの賑やかなエリアがある一方、駅を挟んで西側には明治神宮の広大な森が広がり、対照的な2つの顔をもつ街です。ファッション店、また高級店も多く東京のトレンドを牽引する街なので、修学旅行生や外国人観光客も多数訪れます。そんなにぎわいあふれる街の生活をデータでみてみましょう。




■「原宿駅」の基本情報(駅を中心に半径1km)
所在地:東京都渋谷区神宮前1丁目
路線:JR山手線
1日あたりの乗降人員:139,500人

都内の行きたいところへほぼ30分以内
山手線の駅なので、東京のどこへ行くにも便利です。原宿駅の改札を出るとすぐに、隣接する地下鉄の明治神宮前駅へ直結する階段があります。東京メトロ千代田線、副都心線が利用でき、大手町へ渋谷へ約2分、新宿三丁目へ約4分、池袋へ約10分、大手町へも約15分で行くことができます。原宿駅前、明治通り沿いのバス停から都バス(早大正門、渋谷駅東口、池袋東口行き)も利用できます。


■どんな人達が住んでるところ?(人口・居住年代など)
人口:17,793人
昼間人口:91,379人
世帯数:10,644世帯
20代男性:1,013人
20代女性:1,069人

居住人口に対して昼間人口が約5倍と、他のエリアから仕事や買い物で訪れる人が多い街です。年代別にみると30代が全体の17.3%、次いで40代が17.2%、20代は5番目で11.7%です。男女差はあまりなく、山手線沿線の駅周辺平均人口41,075人と比較すると、約43%と居住者は少なめです。原宿は、やはり基本的には住む街というよりは、働く街・遊びに来る街という側面が強いのかもしれません。

また、世帯数については、1人世帯が全体の約56%と圧倒的に多く、続く2人世帯が約22%という結果からみると、30代から40代の単身者が多数派を占めているようです。


■最多の年収帯は300~500万円未満

原宿駅から半径1km以内に暮らす住民の年収は、300~500万円未満が26.1%と一番多く、次いで300万円未満が20.9%、700~1000万円未満が17.5%となっています。また、年収1000万以上の世帯も20.9%と全体の2割以上を占めており、山手線平均値13.3%と比べて富裕層が多いと言えそうです。



■気になる周辺施設について(駅を中心に半径500mを調査)

コンビニ:7
スーパー:0(駅を中心に半径1kmに3)
薬局・薬店:2
病院・医療・クリニック:20

ハイセンスなセレクトショップやカフェ、高級スーパーはありますが、日常生活で重宝しそうなスーパーや商業施設は多いとは言えません。100円ショップは竹下口に「ダイソー」があるほか、ドラッグストアは数件あります。表参道駅方面まで足を延ばせば、生鮮食品、食料品、日用用品を扱う24時間営業の「AZUMA24青山店」やドラッグストア「マツモトキヨシ青山店」なども利用できますが、休日に渋谷や新宿に出てまとめ買いという方法も考えられるかもしれません。


■原宿駅の平均家賃は?

ワンルーム・1K:11.2万円
1DK・1LDK・2K:18万円
2DK・2LDK・3K:29.5万円
3DK・3LDK・4K:47.3万円
※マイナビ賃貸調べ

ワンルームで10万円以上、1DK/1LDKとなると20万円弱と、都内でも屈指の高額家賃のエリアです。一人暮らしの場合でも、30代以上で年収500万円以上くらいの高収入層が暮らす街なのかもしれません。


■年収分布的に似通った駅は?

原宿と似た雰囲気の駅となると他にどこがあるのでしょうか。都内、近県で探すとどんな雰囲気なのか?住民の年収分布が似通っている地域はここです。

東京都:渋谷駅(東京メトロ半蔵門線、京王井の頭線)
神奈川県:大船駅(JR根岸・横須賀・東海道本線)、谷峨駅(JR御殿場線)、栗平駅(小田急多摩線)
埼玉県:吹上駅(JR高崎線)、武蔵高萩駅(JR川越線)、大和田駅(東武野田線)、南栗橋駅(東武日光線)、七里駅(東武野田線)
千葉県:上総川間駅(小湊鉄道本線)、上総久保駅(小湊鉄道本線)、高滝駅(小湊鉄道本線)、飯給駅(小湊鉄道本線)、養老渓谷駅 (小湊鉄道本線)

地域も街の雰囲気も様々ですが、意外なところで共通する部分があるのかもしれません……!


■家賃・物価の問題さえクリアできれば楽しい街?

原宿は流行の発信地として、海外ブランドの日本1号店がしばしば出店するエリアなので、街全体に活気があり、常に流行の最先端に触れることができます。最近のブームで言えば、「ギャレットポップコーンショップス」、「ククルザポップコーン」、「ドックポップコーン」、「ポップ! グルメポップコーン」などアメリカの人気ポップコーン店がエリア内に4店舗も出店しています。また、「ビルズ」、「モエナ カフェ」、「カフェ カイラ」、「エッグスンシングス」などの話題のパンケーキ店も、休日には行列ができています。女性に人気の雑貨店では、デンマークの「ソストレーネ グレーネ」、「フライングタイガーコペンハーゲン」、スペインのファッションブランド「ZARA」の雑貨「ZARA HOME(ザラホーム)」などが出店しており、リーズナブルな価格でお洒落なデザインの雑貨が手に入ります。


世界各国の一流グルメを食べ歩いたり、高級ブランドをウインドショッピングして楽しんだり、疲れたら明治神宮の森を散策して深呼吸したりと、常に新しい情報に触れながら優雅な日々を過ごすことができそうです。とはいっても、家賃と物価が高いエリアなので、刺激を受けるために1~2年間限定で住んでもいいかもしれません。


※このデータは株式会社JPSの「Market Platform」をもとに算出しております(平均家賃を除く)。


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年11月20日の運勢

イチオシ記事

新着記事