エアバス、中国にA330のC&DC開設--欧州外で初のワイドボディ機向け施設

エアバスは9月20日、中国の天津にエアバスA330コンプリーション&デリバリー・センター(C&DC)を開設したことを発表した。また同日、C&DCからA330が天津航空に引き渡された。

天津航空に天津のA330コンプリーション&デリバリー・センター初のエアバスA330が引き渡された

A330のC&DCは、天津のA320ファミリー最終組立工場と同じ敷地に設置され、A330の引き渡しまでの最終工程(客室装備や塗装、飛行テスト、顧客への引き渡しなど)の作業を担う。およそ150人の中国人スタッフが、仏・トゥールーズにあるエアバス本社で訓練を受けた。

C&DCはペイント工場、航空機を3機収容でき、1万6,800平方メートルの広さを持つ格納庫などで構成される。A330のC&DCでは250人以上の従業員を雇用し、2019年初頭までに月間2機の引き渡しを予定している。

A330の引き渡しまでの最終工程の作業を実施

また同日、C&DCの開設を記念し、天津航空にA330が引き渡された。このA330は中国および欧州のスタッフによってトゥールーズの工場で組み立て・装備を実施。天津航空のA330はロールス・ロイス社製Trent700エンジンを装備し、2クラス制の客室に260席を装備している。

2017年8月末時点で、中国の航空会社によって運航されているエアバス機は合計で1,484機(A320ファミリーが1,282機、A330ファミリーが202機)となる。A330は9社によって運航されており、中国において人気の高いワイドボディ機となっている。また、これまでに約1,700機の受注を獲得し、世界中の110社以上によって1,300機以上が運航されている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事