[白石美帆]茨城出身も「ひよっこ」で方言に苦戦? 「脳内パニックが…」

「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア」のキックオフイベントに登場した白石美帆さん

 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演している女優の白石美帆さんが20日、東京都内で行われた「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア」のキックオフイベントに登場した。茨城県出身の白石さんは、ドラマで東京・赤坂出身のバー「月時計」の店主・竹内邦子を演じており、劇中で茨城から上京してきた主人公の谷田部みね子(有村架純さん)に「茨城の方言を教えて」というシーンが印象深かったと明かした。みね子の“茨城弁”をまねて言うシーンでは「うまく言ってもいけないし、すごく自分の中で脳内パニックが起きまして……。あえて東京人のふりをするのが難しかった」と振り返っていた。

 「『ひよっこ』の舞台 茨城県北フェア」は、物語の舞台となった茨城県の魅力をPRするイベントで、同県北地域の食材を使用したメニューなどを提供する。同県のアンテナショップ「茨城マルシェ」(東京都中央区)で10月20日まで開催。

 この日は、同じく「ひよっこ」に出演している柴田理恵さんも出席した。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事