山田涼介主演『鋼の錬金術師』東京国際映画祭オープニング作品に

10月25日~11月3日に東京・六本木ヒルズを中心に開催される第30回東京国際映画祭(TIFF)の「特別招待作品」のラインナップが16日に発表された。

『鋼の錬金術師』(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」

オープニング作品は、荒川弘氏の人気漫画をHey! Say! JUMP・山田涼介主演で実写映画化した『鋼の錬金術師』。クロージング作品は、元アメリカ副大統領アル・ゴア氏が地球温暖化問題に警鐘を鳴らすドキュメンタリー映画『不都合な真実 2:放置された地球』に決定した。

『不都合な真実 2:放置された地球』(C)2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

また、今年は第30回オープニングスペシャルとして、巨匠チェン・カイコー監督作品、日中共同製作映画史上最大のビッグプロジェクトとして注目される『空海-KU-KAI-』の特別フッテージがオープニングセレモニーにて上映される。

『空海-KU-KAI-』(C)2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film

オープニング作品『鋼の錬金術師』のほか、日本からは「牙狼<GARO>」シリーズ最新作『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA』、全国高校写真部の日本一を決める実在の大会「写真甲子園」に焦点を当てた『写真甲子園 0.5秒の夏』、関ジャニ∞・丸山隆平の映画単独初主演作『泥棒役者』、広瀬アリスが巫女役で主演を務める『巫女っちゃけん。』、伊吹有喜の小説を原田泰造主演で映画化した『ミッドナイト・バス』が選出された。

また、世界的音楽家・坂本龍一を追った日米合作のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』も上映される。

第30回東京国際映画祭 「特別招待作品」ラインナップ一覧

オープニング作品『鋼の錬金術師』(監督:曽利文彦)
クロージング作品『不都合な真実 2:放置された地球』(監督:ボニー・コーエン/ジョン・シェンク)
『エンドレス・ポエトリー』(監督:アレハンドロ・ホドロフスキー)
『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA』(監督:雨宮慶太)
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(監督:トラヴィス・ナイト)
『スリー・ビルボード・アウトサイド・エビング、ミズーリ(原題)』(監督:マーティン・マクドナー)
『シェイプ・オブ・ウォーター(原題)』(監督:ギレルモ・デル・トロ)
『写真甲子園 0.5 秒の夏』(監督:菅原浩志)
『泥棒役者』(監督:西田征史)
『巫女っちゃけん。』(監督:グ スーヨン)
『Mr Long/ミスター・ロン』(監督:SABU)
『ミッドナイト・バス』(監督:竹下昌男)
『MUTAFUKAZ』(監督:ギヨーム・ルナール)
『Ryuichi Sakamoto: CODA』(監督:スティーブン・ノムラ・シブル)
『ローガン・ラッキー』(監督:スティーヴン・ソダーバーグ)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事