MKI、客室テレビを活用した観光・インバウンド向け配信サービスを開始

三井情報(MKI)は9月15日、三井物産の協力を得て、三井不動産ホテルマネジメントが運営するミレニアム 三井ガーデンホテル 東京の客室テレビを活用し、宿泊客向けに観光名所や名産物の情報を提供する、観光・インバウンド向け「コンテンツ配信サービス」を8月から本格的に運用開始したことを発表した。

今回、MKIが提供開始する「コンテンツ配信サービス」は、ホテルの客室テレビを活用し、知られざる名産物や隠れた観光名所というシーズと、宿泊客が滞在中にその場所をより楽しみ、思い出を作りたいというニーズをマッチングできるプラットフォーム。客室テレビに後付けStick型のスマートテレビ「Smartstick」を設置し、あらかじめ準備した観光名所や商品をクラウド上から配信し、画面に表示させることができる。クラウドを活用しているためコンテンツの入れ替えなども容易だ。

コンテンツ配信サービス表示イメージ

宿泊客はテレビを操作する感覚で必要な観光情報を得られるほか、画面上のQRコードを自身のスマートデバイスで読み取ることにより、メーカーの販売サイトに直接アクセスし、気に入った商品を購入することもできる。

各自治体・観光団体・地場メーカーなどは、「コンテンツ配信サービス」を通じて、宿泊客におすすめの観光名所や商品を紹介することができ、宿泊客は、ホテル滞在時の隙間時間を利用し、名産物や次の滞在先情報を閲覧することができるという。

同サービスは月額20万円(税抜)より利用できる。まずはミレニアム 三井ガーデンホテル 東京よりサービスを開始し、今後対象ホテルを順次拡大していくとしている。なお、サービス提供開始に先立って、松山市役所と千代の亀酒造などはすでに同サービスを利用している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事