GitHub、AtomにIDEの機能を追加する「Atom-IDE」公開

GitHubは9月12日(米国時間)、「Introducing Atom-IDE · GitHub」において、Facebookとの協力の下、コードエディタ「Atom」に統合開発環境(IDE)が実現しているような機能を導入するためのオプションパッケージ「Atom-IDE」を発表した。今回発表されたバージョンではコンテキストを考慮した自動補完機能に加え、ナビゲーション機能、アウトラインビュー機能、フォーマット機能などが実装されている。

Atom-IDE使用例 - GitHub

Atom-IDE使用例 - GitHub

Atom-IDEにはC#、Flow、Java、JavaScript、PHP、TypeScriptなどのパッケージが含まれている。サポートするプログラミング言語は今後、コミュニティからのフィードバックなどを得て随時広げていくとしている。

Githubは、Atom Beta 1.21の利用を推奨している。「Atom-IDE」をインストールするには、まずAtomからatom-ide-uiパッケージをインストール。次に、利用したいプログラミング言語に合わせてide-typescript、ide-flowtype、ide-csharp、ide-java、ide-phpなどをインストールする仕組みになっている。

Atomは人気の高いモダンエディタの1つ。Electron技術で開発されており、Windows、macOS、Linuxなど複数のプラットフォームに対応している。モダンエディタが備えている機能は一通りカバーしており、パッケージをインストールすることで機能拡張が可能。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事