[元NMB48・須藤凜々花]「いつ結婚するか決めた」握手会で受けた“暴言”も…卒業後テレビ初出演で告白

14日放送の「ダウンタウンDX」に出演した須藤凜々花さん

 元「NMB48」の須藤凜々花さんが、14日放送の「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)に出演。波紋を呼んだ結婚宣言の“舞台裏”を告白した。グループ卒業後、初めてのテレビ出演となった須藤さんは、司会の浜田雅功さんから「本当に結婚するの」と聞かれ、「はい。結婚します」と改めて決意を表明。今後について「アイドルはやめます。芸能活動を続けます」とタレントとして活動していくことを明言した。さらに「(グループを)卒業してから(交際相手と)久しぶりに会って、いつ結婚するかを2人で決めた。(これから)事務所と相談します」と明かした。

 須藤さんは今年6月17日に沖縄で行われた「第9回AKB48選抜総選挙」の開票イベントで20位にランクインした際、壇上のスピーチで「結婚します」と宣言。8月30日に卒業公演を行った。

 浜田さんから「『お相手は家賃6万円のアパートに住む20代半ば。病院勤務でバンド経験のある爽やかな一般人』って報道されているけど」と聞かれ、「バンドマンということ以外、報道されたことは全部、正解です」と認めた。また、海外に留学するという報道については「昔からずっと言っていたのが、今さら、そこだけ切り取られて。“すぐ行く”っていう感じになった」と語っている。

 出会いについては「母親の誕生日パーティーだった」と言い、「私が一方的に(男性のことを)好きになって。AKBグループは片思いはオーケーということで、その日からずっと好きだった。毎日、相性占いをしたり、1年間(思いを)温めていた」と告白。さらに、「出会って1年してから連絡先を交換して、そこから会ったり、ドライブしたり。ちょいちょい会っていた」「会うときは家(が多かった)」など交際について赤裸々に語った。

 また、「総選挙でファンが投票する前に言う気はなかったのか」と聞かれると、「ファンのことは考えていました。アイドル、自分の恋の両方をあきらめられなくて、両方頑張ろうと思った。アイドルとして選挙に出るのは大事なことで、“投票してください”っていうこともアイドルとして大事な仕事」と振り返りながら、「私は、NMBが大好きで、NMBが選挙で弱いって言われているから、今年こそ、私が順位を上げて話題をかっさらうぞって(という気持ちだった)。だけど、ちょっと違う意味で……」と苦笑した。

 須藤さんは、結婚宣言後に行われたファンとの「握手会」で「いろいろ言われました。『ビッチ』って言われて(笑い)。それが、衝撃で。私は(交際中の相手が)初めての恋人で1人しかいませんって言ったら、めっちゃ怒ってました」と語った。

 14日放送の「ダウンタウンDX」には、須藤さんのほか、マイク眞木さん、石田純一さん、布川敏和さん、つちやかおりさん、浜口京子さん、安枝瞳さん、陸上の藤光謙司選手、

お笑いコンビ「FUJIWARA」「ガンバレルーヤ」も出演した。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事