ASUS、オーバークロッカー向けのX299マザーボード「ROG RAMPAGE VI APEX」

ASUS JAPANは9月14日、チップセットにIntel X299を搭載し、ハイエンドCPU「Core X」シリーズに対応するE-ATXマザーボード「ROG RAMPAGE VI APEX」を日本市場向けに販売すると発表した。9月15日に発売し、店頭予想価格は税込63,000円前後。

液体窒素による極冷の低温時でもCPUが起動しやすい「LN2モード」などの機能を搭載したオーバークロック特化のマザーボード。特別な電源回路や特別なレイアウトを使用し、 より高いクロックを狙えるように最適化したという。メモリスロットは4基だが、DDR4-4133までサポート。さらに空いたスペースにはM.2用の拡張カード「DIMM.2」を装着するためのスロットを2基備える。

一般的なMOSFETよりも大幅に低いオン抵抗(低RDS)を実現した「PowlRstage IR3555 MOSFET」や、低損失のチョークコイル「MicroFine Alloy Chokes」、長寿命が特徴のコンデンサ「10K Black Metallic Capacitors」を採用。CPU用の電源コネクタを8ピン×2とすることで、オーバークロック時でも電力供給に余裕を持たせるという。

また、基板の裏面に発生する結露を検知する専用回路を搭載するほか、PCがフリーズした際に再起動させる「ReTryボタン」、CMOSをクリアせずにPCの起動が可能な「Safe Bootボタン」、一時的にクロックを下げる「Slowモード」、PCI Expressスロットをオン/オフできる「PCIe x16 Laneスイッチ」などを備える。

ソケット LGA 2066
チップセット Intel X299
メモリ DDR4 4133(OC)MHz×4(最大64GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 3.0 x4×1
ストレージ SATA 6Gb/s×6、M.2(PCIe 3.0x4接続対応)×4
ネットワーク GigabitEthernet×1、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth v4.2
サウンド High Definition Audio
フォームファクタ E-ATX
そのほか USB 3.1 Gen2×3、USB 3.1 Gen1×10、USB 2.0×5、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税込63,000円前後
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事